歯列矯正の種類と特徴をわかりやすく解説

歯列矯正は種類によってどう違う

ホワイトニングもできる歯列矯正法

歯列は歯が生えそろった後も変化します。例えば、幼い頃に親御さんがしっかりと注意して歯列に配慮していた場合、大人になって歯並びがキレイに成長したとしても、年齢を重ねて歯列が悪くなることがあります。
また歯列は噛み合わせに大きく影響します。例えば歯ぎしりや食いしばりのクセがあるというとき。もともとそれほど歯列が悪くなかったとしても、歯ぎしりや食いしばりの影響を受けて歯列が悪くなることもあります。
さらに顎関節にも影響があります。歯列の影響によって顎関節症となり、頭痛が起きやすくなる、また噛み合わせに不都合が生じるという事態も。
様々な事情で歯列は変化し、ときに人に見られるのが苦痛に感じてしまうケースもあるでしょう。そんなときに力強い味方となるのが歯列矯正です。
歯列矯正は、マウスピースやワイヤーを用いて今の歯列に負荷をかけます。一定の期間、例えば2年から3年など、年単位で負荷をかけて歯列を変化させ、希望とする歯列に導くのです。ゆっくりと期間をかけて歯列を変化させることで、長年の悩みを解消することもできる歯列矯正には、様々な方法があり、その特徴の違いによってメリットやデメリットがあります。
そこで、そんな歯列矯正の種類を特徴別にご紹介します。費用面や見た目、発現する効果は、酒類や特徴によって様々に異なります。とくにこれから歯列矯正を希望している方は種類や特徴を知り、ご自身の環境に合わせてチョイスされてみると良いでしょう。

いくつになっても歯列矯正

マウスピース矯正は取り外しが自在にできるため、小さなお子さんでも受けやすい歯列矯正です。ただし無理なく受けやすいという反面、それがデメリットとなってしまう可能性もあります。そんなマウスピース矯正の特徴をメリットとデメリットに分けてご紹介します。

しっかりとワイヤーで歯列矯正

しっかりと歯列矯正する方法として利用されてきたのがワイヤー矯正です。目的とする矯正を望めるうえに、予定する期間の間に効果が表れるなど、矯正の効果を実感しやすいというメリットがあります。ただしデメリットもあります。そんなワイヤー矯正のメリットとデメリットをご紹介します。

歯列矯正を他人に気付かれたくない人に

きれいに歯列矯正を叶えたい。しかも他人に矯正をしていたとあまり知られたくない。そんな欲張りな方の願いを叶える歯列矯正方法もあります。周囲の目を気にせず矯正するそんな便利な矯正方法の種類や特徴、そしてそこに存在するデメリットについても併せてご紹介します。