いくつになっても歯列矯正

マウスピース矯正のメリットは

マウスピース矯正のメリットとしては、矯正で生じる違和感が無いという点です。マウスピースは、歯列矯正したい部分にマウスピースをはめることで、少しずつ理想とする歯列の形に導くことができます。つまりマウスピースを自分のタイミングで取り外しできるため、例えば歯磨きや食事の際には取り外せるのです。
矯正器具が邪魔になる心配がなく、食事の際にも気にせず楽しめる等、日常生活に不都合が生じづらいという利点があります。また歯磨きの際にも取り外せるので、磨き残しの心配もありません。
加えてマウスピース矯正の場合には、歯の白さを取り戻すためのホワイトニングも同時に行うことができます。歯を白く、そして歯列も矯正したいという方に最適な歯列矯正法です。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリットとしては、利便性という点でメリットに挙げたところでもある自分で簡単に取り外せるという点が影響します。自分でいつでも簡単に取り外せるということは、矯正にかかる力が弱まってしまうということでもあるのです。
例えばマウスピース矯正したい部位にマウスピースをはめています。ずっとつけていれば歯列に影響を及ぼす効果も生じやすくなりますが、食事の際や歯を磨く際、そしてその他に違和感があるから等として取り外す。
その時間が長くなれば、その間は矯正の負荷は歯列に影響しません。しかも自分で取り外せるものであるため、慣れないときには外したくなってしまう。簡単に外せるということは、そこに自制心も伴うということでもあります。マウスピース矯正の効果は、いわば自分がどれだけマウスピースをつけていられるかが影響するのです。


この記事をシェアする