歯列矯正を他人に気付かれたくない人に

審美ブラケットという手も

例えばワイヤー矯正にしたいけれど、人前に出る機会がある場合。またワイヤー矯正の見た目が嫌だという場合には、ワイヤー矯正で使用するワイヤーやブラケットと審美用に変えるということもできます。この審美用のワイヤー矯正では、透明のワイヤーとブラケットを使うため、一般的なワイヤー矯正とは違い、あまり目立たないメリットがあるのです。
ただし、一般的なワイヤー矯正よりも外れやすい上に、金属製のワイヤーやブラケットよりも高額になるというデメリットがあります。
また審美用ブラケットは、すべての矯正歯科で取り扱われているわけではありません。一部使用していない矯正歯科等も存在するため、通院する歯医者さんが対応可能であるか、事前に確認する必要があります。

効果も心配なら舌側矯正

そもそも矯正していることを知られたくない。でも、しっかりと矯正したいという方にもオススメの歯列矯正があります。舌側、つまり歯の内側に矯正器具を設置する舌側矯正という方法です。
この舌側矯正は、矯正器具が一切、歯の表面に見えないため、気付かれる可能性がかなり低くなります。人前に出る機会が多い方は特に心配なく矯正を続けられるというメリットも存在するのです。
しかしデメリットもあります。舌側は歯に傾斜があり、矯正器具を設置するには良い環境といえません。裏側に矯正器具を設置することで、舌を動かすのに邪魔になりがちです。
そして施術をするのに技術を必要とする部位でもあるため、治療がしづらいことから一般的なワイヤー矯正よりも高額な費用が必要となります。


この記事をシェアする