しっかりとワイヤーで歯列矯正

ワイヤー矯正のメリット

ワイヤー矯正とは、金属製のワイヤーとそのワイヤーを歯に沿わせるためのブラケットという器具で、歯列を固定し、理想とする形に矯正する方法です。歯列矯正というと、この矯正方法をイメージする方が多いほど。効果も高く、昔から取り入れられている歯列矯正方法です。
ワイヤー矯正は、金属のワイヤーの力によってしっかりと歯列に影響を与え、予定する期間内に目的とする形に導くことができるという点にメリットがあります。
矯正は基本的に審美治療となり、保険適用外の治療であるため、大変高額になりがち。矯正に日数がかかれば、その分金額も更に高額になってしまう可能性があります。ワイヤー矯正の場合、しっかりと固定して矯正を進めるため、予定期間までに効果を感じることができるなど、更に費用面の心配をする不安が少ないのです。

ワイヤー矯正のデメリットとは

予定期間内にしっかりと歯列矯正の効果を感じられるワイヤー矯正ですが、デメリットもあります。それは見た目。歯に金属製のブラケットやワイヤーを設置するため、大変目立ちやすいのです。白い歯の表面に金属のワイヤーや設置器具が固定されていると、他人から見て、どうしてもワイヤー矯正が目立ってしまう可能性があります。
とくに上の歯の歯列矯正に至っては、前歯の正面に金属製のブラケットやワイヤーを固定します。歯が見えれば、どうしてもこの金属製のブラケットが目についてしまうのです。
ですから例えば人前に出る職業の方、思春期のお子さんなどの場合には見た目の影響を考慮するべきでしょう。
また矯正が終了するまで、基本的にはワイヤーはつけたまま。つまり日常の歯磨きの際もワイヤーをつけたままとなるため、歯磨きの際にはより配慮して洗浄する手間が生じます。


この記事をシェアする